ワインやワインイベントの総合サイト | VINOTERAS(ヴィノテラス)

ワインやワインイベントの総合サイト
VINOTERAS(ヴィノテラス)

年末年始に必見!クリスマス、おせち料理に用意すべきワインはこれだ!

トピックス

一年で最もワインを美味しく楽しく過ごせる年末年始。もうおせち料理の予約も始まっています。
年末年始はどんなワインを用意すべきか、ワクワクしながらご覧ください。

目次
1.今年の年末年始はこだわりのワインを
2.まずは乾杯のシャンパンとスパークリング
3.クリスマスを彩るちょっと贅沢なワイン
4.お正月のおせちに合わせたいワイン

今年の年末年始はこだわりのワインを

忘年会、クリスマス、仕事納め、大掃除、年賀状など、年末は慌ただしい日々が続きます。目の前のやるべきことを片付けていくエネルギーとして、今年1年がんばってきた自分へのご褒美として、お気に入りのワインはきっと心豊かな時間をもたらしてくれるはず。
年末年始のまとまった休日には、普段はなかなかゆっくり落ち着いて飲めないワインを、思う存分に味わえる絶好のチャンスです。

ローストチキン、ミートローフ、ビーフシチュー、オマール海老のテルミドール、お寿司、お刺身、数の子、かまぼこ、煮物、鍋料理、点心、パネットーネ、栗きんとん等々。
和洋中さまざまなジャンルのご馳走を並べて、ワインとお料理のマリアージュに舌鼓を打つ時間は、まさに至福のひとときです。

今年の年末年始は、家族やパートナー、地元の友人など大切な人と一緒に、積もる話に花を咲かせながら、とっておきのワインをじっくりと楽しんでみませんか。
お家にいながら世界旅行をしているような気分に浸れる、そんなこだわりのワインをぜひ選びましょう。

まずは乾杯のシャンパンとスパークリング

クリスマスやお正月には、キラキラと輝くシャンパンとスパークリングワインがよく似合います。
華やかでうっとりするような香りと繊細でリッチな泡に包まれて、何はともあれまずは乾杯から。
宴の始まりにおすすめのシャンパンとスパークリングワインをご紹介します。

ティボー・アンリオン / クレマン・ド・ロワール [NV] 


「ロワールの王様」の愛称で親しまれる、エレガントな飲み口のクレマン・ド・ロワール。白い花や洋梨、ドライフルーツのような果実香に、ヘーゼルナッツの香りを感じられます。きめ細かく繊細でクリーミーな泡に包まれた、ボリュームのある果実味と美しい酸が心地よく、上品で優雅な香りと味わいが魅力です。ブルスケッタとよく合います。

ヴィーニャ・マルティナ / カヴァ・ブリュット [NV]


きめ細かくやわらかな泡と共に立ち上る、グレープフルーツやレモンなどフレッシュな柑橘系果実のアロマ、白い花の香りに、ブリオッシュを思わせる甘く香ばしいニュアンスも。
ジューシーな果実味と爽やかな酸味がよく調和した、バランスの良いキリッとした辛口のスタイルです。
食前酒としてはもちろん、オードブルやサラダ、シーフード料理から和食まで、幅広い料理にマッチします。カジュアルなラベルの印象とは裏腹に、味わいは本格派。親しみやすい味わいとコスパの良さも嬉しいポイントです。

レ・シャンパーニュ・デュ・シャトー・ダヴィズ / フォリアージュ・キュヴェ・エクストラ・ブリュット [NV]


青りんごやグレープフルーツの爽やかな果実のアロマに、ミントやハーブの清涼感あるニュアンスも。きめ細かくクリーミーながらも、見事な存在感のある泡がエレガントに立ち上ります。
軽快な口あたりとクセのないすっきりとした余韻がとても心地よく、果実の奥行きを感じさせてくれる、自然派辛口シャンパーニュです。

クリスマスを彩るちょっと贅沢なワイン

街が煌めくイルミネーションに彩られるクリスマスの季節。何歳になっても心躍るものですね。
今年のクリスマスには、普段より少し贅沢なワインを開けてみませんか。
大人ならではのお洒落でリッチな時間を演出してくれる、ワンランク上のワインをご紹介します。

ギユマール・クレルク / ピュリニー・モンラッシェ・レ・ルショー [2017]


リュット・レゾネ農法で丁寧に栽培されるシャルドネは、平均樹齢36年。
ピュリニーらしいミネラルの美しさと酸の絶妙なハーモニーが、口いっぱいに広がります。
ムルソーにも近く、ブルゴーニュの中でも高品質な白ワインの産地として知られる、ピュリニーの模範的な味わいを堪能できる上質な1本。
オマール海老やフォアグラ、シェーブルチーズやルブロション、ブリー・ド・モーなどと合わせるのがおすすめです。

フレデリック・フェリ / モレ・サン・ドニ [2018]


ラズベリーなど赤系果実や紅茶、バラ、紫蘇のエレガントなアロマに、ほんのり樽のニュアンスも。ジューシーな果実味としっかりとした酸味、きめ細かいタンニンがよく溶け込んでいます。長く続く優雅な余韻が、贅沢な気分をいっそう高めてくれます。
上質な肉料理と合わせてじっくり楽しみたい1本。

カッシーナ・ディ・メーラ / バローロ [2016]


綺麗なガーネット色と、ローズやドライフラワーの複雑で華やかな香りが印象的。力強い骨格を持ち、パワフルで凝縮した果実味と、品種由来のしっかりとしたタンニンがバランスよく調和しています。
イタリア赤ワインの王とも称されるように、余韻が長く圧倒的な品格を感じさせてくれる、まさにバローロらしい味わい。赤身肉のグリルや鴨ロース、トリュフを使った料理とのマリアージュは最高です。

お正月のおせちに合わせたいワイン

時代と共にライフスタイルの変化はあるものの、やはり日本人にとってお正月は特別なのではないでしょうか。
清々しい気持ちで新年を迎え、お正月にゆっくりと味わいたい、おせち料理に合うおすすめワインをご紹介します。

ドメーヌ・トロテロー / カンシー [2019] 


自然酵母のみで発酵し、シュール・リー製法で熟成された、豊かでやわらかい酸と、鮮烈なミネラル感が調和したリッチな仕上がり。リンゴや洋梨を思わせる、凝縮されたふくよかな果実味が印象的。ブドウの個性に加え、テロワールがよく表現されています。
魚介類はもちろん、お煮しめや鶏肉の八幡巻などとも好相性です。

ドメーヌ・ド・ピス・ルー / プチ・シャブリ [2018]


プルミエ・クリュの基準で栽培されたシャルドネを、樽を使わずブドウ本来の味わいを大切に造られた、シャブリらしいワイン。プチ・シャブリならではのしっかりとしたミネラルが主体となり、豊かな果実味とよく調和しています。
和食との相性が良く、白身魚のお刺身やおせち料理とよく合います。

パンノンハルミ・アパーチャーギ・ピンツェーセト / パンノンハルマ・ライナイリズリング [2019] 


1,000年の歴史を持つ、ハンガリーの世界遺産「パンノンハルマ修道院」で、土着品種「ライナリズリング」から造られる、スッキリとした辛口の正統派リースリング。
リンゴやグレープフルーツの爽やかで透明感のある果実香に、白い花のフローラルな香りがふんわりと漂います。厚みのある果実味とフレッシュな酸、心地よいミネラルがよくまとまっていて、エレガントな印象です。和洋どちらのおせち料理にもよく合います。

カンティーナ・ディ・カルピ・エ・ソルバーラ / ランブルスコ・サラミーノ・ディ・サンタクローチェ・DOC [NV]


弱発泡性の細かい泡と、程よい清涼感のあるドライな喉越しが心地よい、エレガントなスタイルのランブルスコ。赤系・黒系果実とバラの華やかな香りに、フルーティーな果実味が印象的で、甘さ、渋み、酸味、コクのバランスの取れたクセのない味わいが特長です。
生ハムはもちろん、シンプルに味付けした牛ヒレ肉とも好相性。フルーツをたっぷり練り込んだシュトーレンやパネトーネともよく合います。

ドメーヌ・アラン・ヴィニョ / ブルゴーニュ・コート・サンジャック・ピノ・グリ [2019]


ブルゴーニュでは珍しい、ピノ・グリのロゼ。24時間のスキンコクトによって生まれた、淡いサーモンピンクの色調は「ヤマウズラの目の色」とも称されます。赤系果実の優しい風味とフレッシュでやわらかい酸、柑橘系果実の微かなほろ苦さ、ピュアで澄んだミネラルが溶け込んだ、フルーティーな辛口の味わい。かまぼこや海老をはじめとしたおせち料理全般と合わせやすく、パテやリエットなどオードブルとも好相性です。

普段の家飲みワインにもちょっとこだわって、年末年始を満喫してくださいね。

椿れもん

89,025 views

ワインを愛するライター/ラジオパーソナリティー 持ち前の好奇心と“美味しいものセンサー”の感度には自信アリ。 文章や声で“言葉のご馳走”をお届けし、あなたの...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧