ワインやワインイベントの総合サイト | VINOTERAS(ヴィノテラス)

ワインやワインイベントの総合サイト
VINOTERAS(ヴィノテラス)

フランスワインの基礎知識【ブルゴーニュ編】

ワインの基礎知識

誰でも一度は聞いたことがあるフランスワインの産地ブルゴーニュを分かりやすく解説。ブルゴーニュの歴史と特徴、品種の個性、おすすめワインをご紹介します。

目次
1.ブルゴーニュの歴史と特徴
2.ブルゴーニュの主要ワイン用ブドウ品種
3.おすすめブルゴーニュワイン 10選

ブルゴーニュの歴史と特徴

フランスのブルゴーニュは、ボルドーと並びワインの名産地として知られ、ボルドーワインが「ワインの女王」と言われるのに対して、ブルゴーニュで作れるワインは「ワインの王様」と呼ばれ、世界中のワイン愛好家から高く評価されています。ではブルゴーニュとは、どんな地域なのでしょうか。

ブルゴーニュの歴史


フランス中東部に位置するブルゴーニュ地方は、ボルドーとともにフランスを代表するワインの産地として知られる地域です。ブルゴーニュでのワインづくりは、今から2,000年以上も前、ローマ帝国がこの地方に侵攻して支配下に置いた頃にすでに始まっていたと言われています。

その後、ブルゴーニュには多くの修道院が建てられ、その修道士たちがブドウの栽培やワインづくりを研究することになりました。そして11世紀には、修道士たちは土地や気候によってワインの味わいに違いの出ることを知っており、ブドウ畑を「クリマ」という区画にわけ、中でも質の良い優れた土地を「クロ」と呼んでいました。今でいうところの「テロワール」という概念を最も早く取り入れたのが、ブルゴーニュなのです。

ブルゴーニュワインの特徴


ブルゴーニュワインの一番の特徴は、赤ワイン・白ワインとも単一品種のブドウからつくられているいることです。ブルゴーニュは、ブドウ栽培やワインづくりに適した土地や気候であることから、赤ワイン・白ワインともに傑出した品質の最高級ワインがあり、世界のワイン通から称賛されています。そのためブルゴーニュワインは「ワインの王」と呼ばれているのです。

主な生産地域と特徴


ブルゴーニュワインは、大きく分けると6つの生産地域に分類されています。

シャブリ地区

辛口の白ワインの産地として広く知られています。

コートドニュイ地区

世界的に有名なロマネコンティやシャンベルタンなど最高級赤ワインの産地です。

コートドボーヌ地区

モンラッシェやムルソー、コルトンシャルルマーニュなどの高級白ワインの産地として知られています。

コートシャロネーズ地区

比較的リーズナブルな価格のコスパの良いワインの産地です。

マコネー地区

ブルゴーニュの中でも南部に位置するため酸味が抑えられたワインです。

ボジョレー地区

日本でも良く知られるワインの新種ボジョレーヌーボーの産地です。

ブルゴーニュワインの格付け制度


フランスには、国が定めたワイン法ワイン法「A.O.P.」(原産地呼称保護ワイン)による三段階の格付けがあります。これは、上位からA.O.P.(原産地呼称保護ワイン)、I.G.P.(地理的表示保護ワイン)、Vin (産地情報無しのブレンドワイン)に区別されています。

フランスのワインには、この国が定めた格付け以外にも、地域ごとの格付けもあります。ブルゴーニュには、畑によって格付けがされていて、上位からグラン・クリュ (特級畑)、プルミエ・クリュ (第1級畑)、コミュナル (村名ワイン)、レジョナル (地方名)の4段階で区別されています。ブルゴーニュでは赤ワイン、白ワインそれぞれ単一のブドウの品種によってワインが作られるため、「テロワール(土壌やそれを取り巻く環境)」によってワインの味が左右されるので、この格付けが行われているのです。

ブルゴーニュ地方の郷土料理


最高級のワインを生むブルゴーニュは、ワインにぴったりの郷土料理が楽しめる地域でもあります。中でも有名なのは、赤ワイン煮で作るポーチドエッグ「ウフ・アン・ムーレット」です。ムーレットはブルゴーニュ地方で赤ワイン煮を意味します。

また、「コック・オー・ヴァン」もブルゴーニュを代表する郷土料理です。たっぷりのワインで、骨つきの鶏肉を柔らかく煮込んだ料理で、地元では赤ワインを1本まるまる使うそうです。

ブルゴーニュの主要ワイン用ブドウ品種

ブルゴーニュワインは、基本的に赤ワインには「ピノ・ノワール」、白ワインには「シャルドネ」の単一品種が使われています。ごく一部の白ワインには「アリゴテ」、赤ワインには「ガメイ」が使われているものもあります。今回は代表的なピノ・ノワールとシャルドネについて解説します。

ピノ・ノワール


「ピノ・ノワール」は、ブルゴーニュが原産の赤ワイン用のブドウです。歴史は古く4世紀頃から栽培がはじまったとされています。果皮が薄いために病気にかかりやすく、非常に栽培が難しい品種です。

そのため、かつてはブルゴーニュ以外では栽培できないと言われていましたが、現在では、ニュージーランドやオーストラリア、アメリカのオレゴン州やカリフォルニア州、南アフリカなどで広く栽培されている国際品種となっています。ピノ・ノワールは、皮が薄いため、ワインの色合いは透明感のある明るい色になり、タンニンによる渋みが少なく繊細な味と香りが特徴です。

シャルドネ


「シャルドネ」は、ブルゴーニュ原産の白ワイン用のブドウです。世界中で人気が高く、白ワイン用の品種としてはアイレンに次ぐ2番目の栽培面積となっています。日本でもヨーロッパ系の白ワイン用ブドウのなかでは最も多く栽培されている品種です。

シャルドネは、ブドウの品種として個性的な風味が少なく、あまり味わいに徴のない品種と言われています。しかし、とても順応性が高い品種で、産地や気候の違いでさまざま異なった味わいのワインに仕上がります。

おすすめブルゴーニュワイン 10選

シャブリ / ドメーヌ・ド・ピス・ルー


土づくりのプロである地質学者のジャック・ユゴー氏が、一切化学肥料を使わない自然農法で育てたシャルドネで作ったこだわりのシャブリです。ラベルに描かれた山のイラストを縦にすると、なんと女性のボディラインが!美しい山並み=美しいもの=女性という 自然を愛するジャック・ユゴー氏 の発想だそうです。

シャブリ グラン クリュ レ プリュー / ジャンポール・エ・ブノワ・ドロワン


とても洗練した味わいで、真っ先にミネラルを冠知るのが「シャブリ グラン クリュ レ プリュー」の特徴です。 ピュアな味わいを失わないために、樽は25%のみ使用して、残りの75%はステンレスタンクで10ヶ月熟成させています。

ブルゴーニュ ブラン キュヴェ サン ヴァンサン / ヴァンサン・ジラルダン


評価の高い ムルソー、シャサーニュ・モンラッシェ、ピュリニィ・モンラッシェ
の3つのエリアで育つ樹齢50年以上のシャルドネを手摘みで収穫してつくられたワイン。 酸味がしっかりしていて豊かでボリューム感のある辛口で、柑橘系のさわやかな香りします。

ムルソー / コント・ラフォン


ムルソーは、ブルゴーニュ最高の白ワインの産地。 ドメーヌ・デ・コント・ラフォン は、もう一人のワインづくりの巨匠 コシュ・デュリと共にムルソーの双璧を担う偉大なつくり手です。 一級畑のブドウをブレンドしてつられるワインで、 芳醇な果実味とボリューム感のあるリッチな味わいが特徴です。

ブルゴーニュ ロゼ / ダヴィド・デュバン


ダヴィド・デュバン氏は、オート・コート・ド・ニュイに本拠地を構える若手の醸造家で、 リュット・レゾネでブドウを栽培しワインをつくっています。 このワインはACブルゴーニュとオート・コートのピノ・ノワールをメインにセニエ法でつくられていて、きりっと引き締まった酸味がバランスよく感じられます。

ブルゴーニュ アリゴテ / エマニュエル・ルジェ 


エマニュエル・ルジェ氏は、「ブルゴーニュの神様」と呼ばれたアンリ・ジャイエ氏の甥。 アンリ・ジャイエ氏の哲学を受け継ぎ、ブドウは出来るだけ自然な方法で育てることを心がけています。滑らかな口当たりと、 アリゴテ種特有のキレのある酸のバランスが良いワインです。

ブルゴーニュ ピノ ノワール / ヴィニュロン・デ・テル・スクレット


2016年にパリ農業コンクールで3つの金メダルを受賞など、40個以上のメダルを受賞したヴィニュロン・デ・テル・スクレットのピノ・ノワール。 華やかな果実味と香り 、穏やかな酸味と甘味のバランスが良く、僅かな渋みを感じるワインです。 

ブルゴーニュ ピノ ノワール / フランソワ・ラマルシュ


11.23haの畑すべてがビオロジックで栽培。すべて手摘みで選別されながら収穫されたブドウはすぐに運ばれ、さらにワイナリーで酸化が進んだブドウを取り除くための徹底的な選果が行われます。

ヴォーヌ ロマネ ヴィエイユ ヴィーニュ / ドメーヌ・ロベール・シリュグ


1960年に創業した小規模なワイン生産者で、化学薬品を使用しない害虫対策など、地球環境に配慮した高品質ワインを生み出しています。収穫は40人もの人員で 手摘みで行われています。

ロマネコンティ リシュブール / ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ


説明するまでもなく世界最高レベルのワイン。 徹底したぶどうの選別作業と収量制限を行い、新樽100%による長期発酵で澱引きやろ過を最小限にしてつくられてます。 モノポール単独の約1.8ヘクタールの畑で 、年間生産本数は6,000本前後と非常に限られているため非常に高価で取引されています。

いかがだったでしょうか?
やはりブルゴーニュ奥が深いですよね。
値段もお手頃のものから大変高価なものまで様々です。
是非、気になったものがあったら飲んでみてください!

都良(TORA)

1,531 views

北海道在住のフードライター。 資格:北海道フードマイスター、北海道観光マスター。北海道には魅力的なワイナリーと美味しいワイン、ワインを引き立てる素晴らしい食...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧