ワインやワインイベントの総合サイト | VINOTERAS(ヴィノテラス)

ワインやワインイベントの総合サイト
VINOTERAS(ヴィノテラス)

5分でわかるオレンジワイン|おすすめ10選

ワインの基礎知識

5分でわかる、オレンジワイン特集。オレンジワインについて、製法やブドウの品種を解説します。おすすめのオレンジワインも10アイテム厳選。

オレンジワインとは?


ここ数年で一気に広がりを見せている「オレンジワイン」。
ワイン通の中でも、その新しい味わいに虜になってしまう人が続出。自然派ワインを好む人からも注目されており、赤ワイン・白ワイン・ロゼワインに続くワインとして人気になっています。

今までのワインとは一味違う、オレンジワインとは?
オレンジワインの製造法や使われる品種、トレンドとなった理由を解説していきます。

オレンジワインが人気になった理由

オレンジワインの発祥地はジョージア。ジョージアはワイン造りに長い歴史があり、様々なワインを造っている中の一つにオレンジワインがありました。しかし、当時は旧ソ連の支配下にあったことからオレンジワインが国際的に市場に出回ることはありませんでした。

そんな中、ジョージアで造られていたオレンジワインにインスピレーションを受けたのがイタリアのグラブナー氏やラディコン氏。
彼らは90年代にはじめてオレンジワインを完成させました。このオレンジワインが高く評価されたことをきっかけに、他の国々でもオレンジワインが造られるようになりました。同時にジョージアで造られたワインの流通も盛んになり、今の人気に至ります。

オレンジワインの製法

「オレンジワイン」という名前から、オレンジから造られたフルーティーなワインが想像できますが、オレンジワインは白ブドウから造られているワインです。

オレンジワインを一言で言うと、「白ブドウ」から「赤ワインの製法」で造られたワイン。
白ワインは白ブドウをつぶした後、種や果皮を取り除いてから発酵させます。一方赤ワインは黒ブドウをつぶした後、種や果皮も一緒に発酵させた後にワインのみを抽出します。
赤ブドウの鮮やかな色は、この製法による黒ブドウの果皮からできています。

オレンジワインは、この赤ワインの製法により造られたもの。
白ブドウから造られているのにオレンジになるのは、赤ワインの製法のように種や果皮を一緒に発酵させることから来ています。

オレンジワインに使われるブドウ

オレンジワインでは、白ワインと同じく白ブドウが使われます。
その中でも、アロマティック品種といわれる白ブドウを使って造られているものが多くあります。
アロマティック品種とは、そのブドウ特有の香りが際立つ品種のこと。アロマティック品種の白ブドウによる豊かな果汁の香りと、その白ブドウからできるワインの香りが近いというのも特徴です。
品種としては、リースリングやゲヴェルツトラミネールなどが挙げられます。

ジョージアワインとは?


ワインの発祥地として注目のジョージア。オレンジワインもジョージアで造られたのが始まりです。
ジョージアのワインの歴史や、ジョージア独自の製造方法、ジョージアで造られているオレンジワインについて解説していきます。

ジョージアのワインの歴史

ジョージアは、東欧の南コーカサス地方に位置しています。
ソビエド連邦から独立したのが1991年。それ以降、ジョージアのワインの世界的流通が目立つようになりました。

ジョージアのワイン造りの歴史は、約8000年。紀元前6000年頃から続いています。
その頃は、コーカサス山脈から黒海のあたりでワイン造りが発達していたといわれています。

ジョージア独自のワインの製造方法

ジョージアのワインが注目されているのは、この長い歴史だけではなく独自のワインの製造方法も理由の一つです。
その製造方法は、「クヴェヴリ」を使用した独自のもの。クヴェヴリとは、粘土を素焼きして作られている卵型の壺を指します。

伝統的な製法の一つは、ブドウを木桶の中で踏みつぶして、果汁と一緒に果肉、果皮、種、果梗を全てクヴェヴリの中に投入。そのまま半年ほど発酵させます。その後、自然濾過を促すために別のクヴェヴリに中身を移した後に瓶詰め、または続けて熟成をします。
この間、クヴェヴリは地下の中で管理しています。土の中にあることでクヴェヴリの中身は低温に保たれ、発酵や熟成はゆっくりすすみます。

手間を加味して一時は減少していた製法ですが、2013年に「ユネスコ無形文化遺産」に登録されたことから、再度クヴェヴリによる製造方法は増加しています。

ジョージアのオレンジワイン

ジョージアでクヴェヴリを使用した製造方法では赤ワインや白ワインも作られていますが、代表的なのはオレンジワインです。ジョージアでは「アンバーワイン」とも呼ばれています。

マカシヴァリ・ワインセラー ムツヴァニ
ジョージアの中でも代表的なカヘティで造られたワイン。もちろんクヴェヴリで発酵させる製造方法で造られたものです。
アロマティック品種のムツヴァニを100%使用していて、白い花と果実の豊かな香りが楽しめますよ。
爽やかな口当たりで、辛口のワインです。

国産のオレンジワイン


オレンジワインの流行の兆しは日本にも。ジョージアが発祥のオレンジワインですが、国産のオレンジワインもまた違った味わいが楽しめますよ。
オレンジワインに使われる国産の品種、国産のオレンジワインをご紹介していきます。

オレンジワインに使われる国産品種

日本でも流行の兆しが見られるオレンジワイン。
オレンジワインによく使われる代表的な国産品種には、甲州が挙げられます。

 甲州
高い酸とほんのりとした甘みのある、落ち着いた味わいです。
甲州はノンアロマティック品種のため香りが強くなく、しばしば白桃やグレープフルーツのようだと表現されます。
甲州には、他のヨーロッパ系品種と比較して糖度が低いという特徴があります。近年では生産者やメーカーの努力によって糖度の高い品種も生まれていますが、糖度の低さをそのまま活かしたピュアな甲州など、様々な味わいがありますよ。

国産のオレンジワイン

オレンジワインは、赤ワインと同じように果汁と一緒に果肉や果皮、種、果梗も一緒に発酵させています。そのため、タンニンを含むポリフェノールが豊富で、日本では健康面からも注目されています。

シャトーマルス 甲州オランジュ・グリ
山梨で製造されている、シャトーマルス 甲州オランジュ・グリ。
フレッシュな果実を感じる、フルーティーな味わいです。オレンジワインならではの果皮の渋みが後を引く、厚みのあるワイン。

おすすめオレンジワイン10選


日本でも話題のオレンジワイン。ジョージア産や国産など、おすすめのオレンジワインを10つ厳選してご紹介します。ワインだけで楽しむのはもちろん、食事と一緒に飲むのもおすすめですよ。

ゴッツァ ツィツカ・ツォリコウリ

原産国:ジョージア
産地:カルトリ        メーカー:ゴッツァ
品種:ツィツカ50%、ツォリコウリ50%

ジョージアのカルトリ地方産。クヴェヴリを使用して、1年4か月じっくり熟成しています。
全体的に辛口の味わい。軽い飲み口でありながらも、濃密な果実の味わいにハーブのようなスパイシーさも感じる、存在感のある後味が特徴です。
使用している白ブドウのツィツカは、ジョージア南東部カルトリ地方の高地で収穫されたものの一番搾りを。もう一方のツォリコウリはクヴェヴリで発酵したものです。

チョティアシュヴィリ ヒフヴィ

原産国:ジョージア
産地:カヘチ
メーカー:チョティアシュヴィリ
品種:ヒフヴィ

ジョージアのカヘチ地方産。クヴェヴリで発酵と熟成をじっくり行った、深いオレンジ色のワインです。黄桃や杏子のような濃厚な果実の香りが特徴です。
ほどよいタンニンによる、柔らかいほろ苦さが感じられる後味が残ります。

マカシヴァリ・ワインセラー ムツヴァニ

原産国:ジョージア
産地:カヘティ
メーカー:マカシヴァリ・ワインセラー
品種:ムツヴァニ

ジョージアのカヘティ産。もちろんクヴェヴリで発酵させる製造方法で造られたものです。
アロマティック品種のムツヴァニを100%使用していて、白い花と果実の豊かな香りが楽しめますよ。
爽やかな口当たりで、辛口のワインです。しっかりとした輪郭が感じられます。

シャラウリ・ワイン・セラーズ ルカツィテリ

原産国:ジョージア
産地:カヘティ
メーカー:シャラウリ・ワイン・セラーズ
品種:ルカツィテリ

ジョージアのカヘティ産。使われている白ブドウの品種は、ジョージア固定のもの。
クヴェヴリで半年間の天然酵母による自然発酵に加えて、果皮などを取り除いた後さらにクヴェヴリで熟成。加えて1年間の瓶熟も重ねています。
フルーティーで甘い香りに、豊かな味わいでありながら、口当たりはドライ。

ローガン ワインズ クレメンタイン ピノ グリ

原産国:オーストラリア
産地:ニューサウスウェールズ
メーカー:ローガン ワインズ
品種:ピノ・グリ

オーストラリアのニューサウスウェールズ産。桃や杏子、クルミのような香りと風味です。
ピリッとくる辛口で、口当たりのタンニンは柔らかな味わい。

ローガン ウィマーラ ピノ・グリ

原産国:オーストラリア
産地:ニューサウスウェールズ
メーカー:ローガンワインズ
品種:ピノ・グリ

オーストラリアのニューサウスウェールズ産。爽やかな洋なしやナッツキャンディーなどの、豊かさを感じるアロマの香りが残ります。はっきりした輪郭で、ボリュームのある味わい。リンゴやパイナップルのようなフルーティーで爽やかな後味が続きます。
90%をステンレスタンク、10%をオーク樽で天然酵母により発酵させました。ステンレスタンクのうち20%は7日間の発酵を経ています。

ヴィンテロパー パーク ワイン ホワイト

原産国:オーストラリア
産地:サウスオーストラリア
メーカー:ヴィンテロパー
品種:ゲヴェルツトラミネール70%、ソーヴィニヨン・ブラン30%

オーストラリアのサウスオーストラリア産。ライチのようなみずみずしさを感じる香りです。天然酵母のみを使用し14日間発酵した後、オーク樽で三か月半熟成しています。
スパイシーさをアクセントに、後味はグレープフルーツのような爽やかな味わいが続きます。

ラディコン リボッラ

原産国:イタリア
産地:フリウリ
メーカー:ラディコン
品種:リボッラ・ジャッラ

イタリアのフリウリ産。オレンジワインの人気の先駆者、ラディコンによって造られました。
イタリアのフリウリの土着品種のリボッラ・ジャッラを使用して、オーク樽で3年、瓶で1年熟成した、リッチなワイン。
杏子の甘い香りがある中で、渋みと酸味のバランスが絶妙な味わい。

シャトーマルス 甲州オランジュ・グリ

原産国:日本
産地:山梨
メーカー:シャトーマルス
品種:甲州

山梨産のオレンジワイン。フレッシュな果実を感じる、フルーティーな香りです。
オレンジワインならではの果皮の渋みが後を引く、立体感を感じられるワインになっています。

ココ ファーム ワイナリー 甲州F.O.S

原産国:日本
産地:栃木
メーカー:ココファームワイナリー
品種:甲州

栃木にある、30年の歴史のある醸造所によって造られたオレンジワイン。複雑で繊細な香りが感じられます。
口当たりがしっかりしていて、他の甲州ワインとは一線を画す重厚な味わいです。

白乃 真緒

876 views

ライターの白乃です。イタリアンレストランでの勤務をきっかけにワインも飲むように。 食事に合うお酒、お酒に合う食事を考えるのが毎日の楽しみです。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧