ワインやワインイベントの総合サイト | VINOTERAS(ヴィノテラス)

ワインやワインイベントの総合サイト
VINOTERAS(ヴィノテラス)

おうち時間を楽しもう!初心者におすすめのワイン本&漫画

トピックス

初心者にもわかりやすいワインに関する本や漫画を紹介します。
趣味として楽しめるワインの入門書、ソムリエ試験にも役立つ入門書、ワインやソムリエを題材にした漫画をご紹介いたします。

目次
1.気軽に楽しめる おすすめのワイン入門書
2.資格取得にも役立つ 初心者におすすめのワイン本
3.楽しみながらワインの知識を増やす ワイン・ソムリエ関連の漫画

気軽に楽しめる おすすめのワイン入門書

これからワインについて勉強しようと考えている方は、どのような勉強方法があるのでしょうか。ネットや書籍から知識を得ようと考えている方が、ほとんどだと思います。

ここではおすすめのワイン入門書3選を紹介いたします。自粛制限が掛かっていて大変な世の中ですが、おうち時間を使ってワインの勉強をしてみてはいかがでしょうか。

1.図解ワイン一年生


2015年11月に販売された初心者の方向けのワイン本です。漫画で分かりやすく解説されていて、カベルネやメルローなどのブドウ品種は全てキャラクター化して説明してくれる本です。

初心者の方はもちろんのこと、ワイン通の方でも納得できる内容です。元々はドン・キホーテとビッグカメラで展開をした書籍ですが、今では全国の書籍で購入することができます。ワイン本の中では異例の6万1000部も売れたおすすめの一冊です。

2.神の雫 ワイン知ったかBOOK


大人気ワイン漫画「神の雫」を書いている亜樹 直氏が手掛けるワイン入門書です。漫画のコマを挿入して読みやすく描かれています。ワインエキスパートやソムリエの方が読むと、苦労して覚えた格付けなどが大雑把にまとめられているので物足りなさを感じるかもしれません。

しかしワインは難しいものということを取り払い、飲むことから始める大切さを教えてくれる初心者のための一冊です。

3.知識ゼロからのワイン入門


島耕作シリーズを手掛ける弘兼憲史氏による初心者向けのワイン本です。ワイン通として有名な弘兼憲史氏が、ワインの愛好家の観点で説明をしている非常に分かりやすい内容です。

基本的な知識や情報が簡潔に整理されており、読み返すたびに基礎知識を得ることができます。これからワインの基本を知りたい方に読んで頂きたい一冊です。

資格取得にも役立つ 初心者におすすめのワイン本

ワインエキスパートやソムリエを目指すときに、初心者の方は資格取得のため書籍を購入する必要があるでしょう。そんなときに、ワインを趣味として楽しむためではなく、資格勉強をするための書籍は何を選べば良いのでしょうか。

ここでは、資格取得に役立つ初心者におすすめのワイン本を紹介いたします。

1.ワイン受験ゴロ合わせ暗記法 2020


本作はソムリエ、ワインエキスパートを受験する人を対象に、アカデミーデュ・バンの講師がワインの資格受験をするための重要事項の暗記のための対策本です。

時間があまり無く、手っ取り早く覚えたいという方におすすめです。イラスト付きで分かりやすく、ゴロ合わせで覚えることができるので空いた時間に勉強ができるおすすめの本です。

2.覚えやすく、学びやすい、ソムリエ試験対策問題集 2020年度版 CBT方式に勝つ! 受験のプロが分析した出題高確率の1200問


ワインの資格勉強をするのに一番良い方法が、過去の出題を解いていくことでしょう。本書では、ワインスクールを営んでいる受験のプロが出題傾向を徹底分析しています。基礎問題を抑えつつ、トレンド性の高い問題やマニアックな問題まで柔軟に対応しています。

実際にワインエキスパートやソムリエ試験でも、見たような問題が数多く出題された実績もありますので、ぜひ抑えて頂きたい一冊です。

3.要点狙い撃ちで最短合格! ワイン受験対策テキスト2019年版


日本ソムリエ協会が実施する『JSA ソムリエ・ワインエキスパート呼称資格認定試験』は、600ページにも及ぶ協会発行の公式教本から出題されます。

受験者は、この教本の内容を暗記、理解して試験に望みますが、膨大な情報を学習する必要があるので非常に大変です。本書は「出題頻度の高い最重要箇所を重点的に学習する」というコンセプトです。

テキストページをしっかり読み込んで、チェックテストで確認ができます。赤シートに対応しているので、重要箇所を隠して暗記学習するなど効果的な学習ができます。

これからワインエキスパートやソムリエを目指している方に必須の書籍です。

楽しみながらワインの知識を増やす ワイン・ソムリエ関連の漫画

難しい本を読むと頭がこんがらがって、自分が何を勉強すれば良いのか分からなくなってしまいます。そんなときは漫画を読んで勉強してみてはいかがでしょうか。

ワイン漫画は楽しみながらワインの知識を増やすことができるので非常におすすめです。ここでは、ワイン・ソムリエ関連の漫画を紹介いたします。

神の雫


神の雫は2004年にモーニングで連載を開催しました。「十二使徒」と呼ばれるワインの頂点「神の雫」と呼ばれる一本のワインを探し出すという物語。さまざまなテロワール、醸造法、ワイン初心者にも分かりやすい表現方法が受け入れられて人気作となりました。

特に韓国では200万部を売り上げ、韓国国内でワインブームとなりペ・ヨンジュン出演でドラマ化の予定もありました。またワインの本場フランスでも絶賛されて、アングレーム国際漫画祭2009年公式セレクションにも選定されました。本作で紹介されたシャトーモンペラは、日本で大人気となり、ワインショップから売り切れが続出しました。

単行本 [中古]

ソムリエール


ソムリエールはビジネスジャンプにて2006年から2011年まで連載された人気漫画です。ソムリエール見習いの樹カナがワインを通して人と人との心を通わせる物語です。

作中ではワインに関する歴史や知識、ワインの飲み方、接し方などかなり詳細に描かれています。生産者がワインを作った経緯についても描かれているので勉強になることでしょう。

単行本[中古]
Kindle版 あり
単行本 [中古]

新ソムリエ 瞬のワイン


新ソムリエ 瞬のワインは2000年4月から連載された漫画です。「最高のソムリエ」と謳われた北村瞬が、いろいろな葛藤を抱えながらも、ソムリエとして多くの人と接するストーリー。ソムリエ、サーヴィスの心構えを描かれている作品です。

ブルゴーニュのドメーヌで醸造責任者をつとめた経験をもつ北村瞬は、のちに自身のワイナリーを持ちたいと願うようになった。ワインの知識のみならず、製造に関しても詳しく描かれているのでワインの勉強をしたい方にとっても楽しむことができるでしょう。

単行本[中古]
Kindle版 あり
単行本 [中古]

いかがでしたでしょうか?この記事では、ワイン初心者におすすめのワイン本と漫画について紹介いたしました。ネットでも有益な情報も載っていますが、書籍ではテーマごとにより踏み込んだ知識を簡単に勉強することができます。

また、ワイン本や漫画は生産者の声や心情も語られていることが多いため、ワインのことのみならず造り手側の気持ちも知ることができるので大変勉強になります。

おうち時間を使ってワインのことを勉強してみてはいかがでしょうか。

hide

7,401 views

ワイン大好き37歳です!イタリア・フランスは勿論、南アフリカやアルゼンチンなど生産地を問わずに大好きです。 高級ワインはめったに飲めないので、1000円台の...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧