ワインやワインイベントの総合サイト | VINOTERAS(ヴィノテラス)

ワインやワインイベントの総合サイト
VINOTERAS(ヴィノテラス)

ワインに含まれる酸化防止剤は健康に良くない?効果と役割を徹底解説

トピックス

ワインの裏ラベルなどに添加物として表記されている「酸化防止剤」とはどんなものなのか?どのくらい含まれているの?体への影響は?美味しいワインを造る要素がたくさんある事を徹底解説します。

  1. 美味しいワインを造るために必要な酸化防止剤とは
  2. 頭が痛くなる?体への影響はあるのか?
  3. 酸化防止剤無添加のワイン
  4. まとめ

美味しいワインを造るために必要な酸化防止剤とは

安い物から高級な物までほとんどのワインで含まれている「酸化防止剤」。ワインには酸化防止剤が含まれているものと含まれていないものの2種類があります。

酸化防止剤とは亜硫酸のことを指しており、ワインの品質を保つためにほとんどのワインに添加されています。人体への影響がない量を添加すると法律で定められています。

添加した亜硫酸の半分は糖分などの成分と結合し無害になるとされています。ここはワインに酸化防止剤を添加することで、もたらしてくれる効果についてご紹介します。

ワインを酸化による劣化から防いでくれる

ワインは空気に触れると酸化が進んでしまうため、開封してからどんどん香りと味が抜けてしまいます。すぐに飲めなくなるわけではありませんが、ワイン本来の味が落ちてしまう可能性も。

亜硫酸はワインよりも酸化するスピードが早く、酸素と結合することでアルコールの参加を防いでくれる効果があります。また発酵時にアセトアルデヒド成分が発生すると、すりおろしリンゴやシェリー酒のような香りが出て水っぽい味わいになってしまいます。

このアセトアルデヒド成分が亜硫酸と結合すると独特のにおいを抑えてくれる効果があります。

雑菌の増殖を防止してくれる

酸化防止剤には殺菌の効果もあります。収穫したばかりのブドウには雑菌がついているため、殺菌する必要があります。酸化防止剤には抗菌作用があり、悪玉酵母や雑菌の繁殖を防ぐ効果があります。

頭が痛くなる?体への影響はあるのか?

ワインにとってたくさんのメリットがある酸化防止剤ですが、人体に悪いことはあるのでしょうか。ここでは酸化防止剤が人体にどのような影響があるのかをご紹介します。

黒ブドウ糖の色素を安定してくれる

雑菌の繁殖を防がないとワイン果汁に濁りが出てしまいますが、酸化防止剤を添加することで繁殖が防がれツヤのある色を保ってくれます。また発酵時に起きるアセトアルデヒド成分が原因の不快な香りを取り除く効果があります。

頭痛がする事実はある?

ワインを飲むと頭痛がするという声を良く聞きますが、結論から申し上げると「頭痛の原因になる可能性は低い」と言ってよいでしょう。

ワインを飲んで頭痛を引き起こす原因は、酸化防止剤とアミンが原因という説があります。しかし酸化防止剤はドライフルーツや天然濃縮果汁などさまざまな食材で使われています。

またアミンはチーズやヨーグルトにも含まれており、ワイン以外に普段から食べる食材にも使われている添加物です。酸化防止剤やアミンが原因ということであれば、ワイン以外でも頭痛になる可能性が高くなってしまいます。

ワインを作る工程で発生する「ヒスタミン」や「チラミン」は、血管の拡張・収縮の作用が頭痛の原因と考えられていますが完全に解明されていません。

アレルギーや喘息の人は気を付けたほうがいい?

もし酸化防止剤にアレルギーを持っているのであれば、喘息や下痢などのアレルギー症状に気を付けましょう。濃度が低くてもアレルギー症状を引き起こす可能性はゼロではありません。

アレルギー症状をお持ちの方は、事前に掛かりつけの医者へ聞いておくことをおすすめします。

酸化防止剤無添加のワイン

酸化防止剤が無添加のワインをスーパーなどで見かける機会が増えてきました。酸化防止剤無添加ワインは二日酔いの原因・悪臭の原因とされている、アセトアルデヒドの生産量が少ない酵母を採用しています。

ワインの劣化を遅らせる亜硫酸ですが、瓶詰めの際に空気に触れないようにして劣化を防ぐ製法を行っています。

酸化防止剤無添加ワインとオーガニックワインの違いとは?

よく酸化防止剤無添加ワインとオーガニックワインを一緒のものとして考える方がいらっしゃいますが、両社は全く別物のワインです。

無添加ワインとは香料・着色料・合成タンニンなどの酸化防止剤を一切添加していないワインのことです。一方でオーガニックワインとは有機栽培のブドウから作られたワインのことで、化学肥料・除草剤・農薬を未使用で自然にあるものを使って作られたワインです。

最近では化学肥料・除草剤・農薬を使用していないオーガニックワインの人気が出始めています。

自然派ワインとは?話題の「オーガニックワイン」、「ビオワイン」、「ヴァンナチュール」の違いについて簡単解説

まとめ

ワインに入っている酸化防止剤はワインを美味しく飲むために重要なものです。中には添加剤を使用しているワインは身体に悪いと思い飲まないと決めている方もいらっしゃるかもしれません。

しかしワインに添加する酸化防止剤は、生産者が美味しく飲んで欲しいと工夫を凝らした結果です。

また、ヴィノテラスでは素直に美味しいワインを探し求めた末、自然農法のワインの魅力にたどり着きました。この10年間でその農法技術、製造方法、品質は素晴らしいものです。

飲みすぎに注意しながら様々な製法と個性を持つワインお楽しみください。

hide

39,498 views

ワイン大好き37歳です!イタリア・フランスは勿論、南アフリカやアルゼンチンなど生産地を問わずに大好きです。 高級ワインはめったに飲めないので、1000円台の...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧