エルヴェ・ジェスタン氏が生み出すビオディナミシャンパーニュ

シャトー・ダヴィズ

シャトー・ダヴィズとは

シャトー・ダヴィズはコート・デ・ブラン地区、アヴィズに2010年設立されたシャンパンメゾン。このメゾンを取り仕切っているのはシャンパーニュのビオディナミコンサルタントと知られているエルヴェ・ジェスタン氏。一出資者でもあり、ブドウ栽培からカーヴの構築、ワイン醸造までの全てを監修している。

メゾンの目の前にあるグラン・クリュ・アヴィズに2.5ha・シャルドネの畑を所有。その他、ピノ系のブドウ品種を中心にジェスタン氏が信頼を置いているシャンパーニュ各エリアのオーガニックブドウ栽培家のブドウを使用しています。

また醸造長のトーマ・エリはアヴィズの醸造学校で学び、現在24歳とまだ年齢が若いにもかかわらず、ロデレール、フィリポナ、アグラパール、アイのジョフリー、ビルカール・サロモンなどですでに経験を積んでいる。

シャンパーニュで唯一のビオディナミ コンサルタント

「無農薬有機栽培のブドウ畑によって、より簡単に優れたワインを作り上げるという哲学からすべてははじまるのです。フォリアージュはそのもっとも優れた証明です。」エルヴェ・ジェスタン

エルヴェ・ジェスタンは、シャンパーニュでは唯一のビオディナミコンサルタントであり、シャンパーニュにおいて正式には10のメゾンのコンサルタントをしている。

現存のビオディナミの生産者は多かれ少なかれ彼のコンサルティングを受けているといっても過言ではない。

「正式には」というのは、スポットで技術的な質問に応じるだけの生産者もいれば、年間契約をしている生産者もおり、また若い生産者に無償でアドバイスをすることなどがあるからだ。

さらに、シャンパーニュ以外にもイギリス、イタリア、スペインの生産者のコンサルティングもしている。

ジェスタンの具体的な仕事はビオディナミワインの作業工程を管理することや、クライアントのビオディナミワインの熟成を手伝うこと、 あるいは、ワイン生産者に対して、彼らのブドウ品種やテロワール、ワイン醸造所、カーヴに合わせてアッサンブラージュやそのほかの技術的な指導をするなど、ワインを成立させる全工程にわたる。

エルヴェ・ジェスタン略歴

1957年ブルターニュ生まれ。

80年にランス、82年にディジョンの大学で、醸造学とワイン法を学んだ後、1982年-2006年までコート・デ・ブラン地区にある歴史あるグランメゾン、”デュヴァル・ルロワ”に従事。20年以上にも渡り醸造長を勤める。

その後、栽培や醸造コンサルタントとして独立し、レコルタン・マニピュランだけではなく、グランメゾンも彼の意見を取り入れている。

フランスだけではなくて世界的にみても特殊な、シャンパーニュという土地においてビオディナミ、そして醸造に精通していると知られる人物。

シャンパーニュにおけるビオディナミの拠点

「シャトー・ダヴィズは、伝統的な製法とビオディナミの手法が結びついた、21世紀(未来)のシャンパンの方向性を決定づけるメゾン。畑や醸造技術の進化とこれらに関する知識を若手の生産者に伝えていくための象徴的存在でもある」。

シャトー・ダヴィズは黒海のほとりで優れたシャンパーニュ方式のスパークリングワインを生産するSVLグループとエルヴェ・ジェスタンが共同出資し2010年に設立されたメゾン。

当然、生産されるシャンパーニュは、シャンパーニュ唯一のビオディナミ・コンサルタントであるエルヴェ・ジェスタンがブドウ栽培から醸造まで、カーヴの構築にいたるまで全てを監修している。

シャトー・ダヴィズはビオディナミワインのコンサルタントとしてのエルヴェ・ジェスタンの理想の体現であり、彼の思い通りに設計した醸造所であるため、その集大成のひとつともいえる。

メゾンの地下には全長2キロにおよぶカーヴがあり熟成に最適な環境を持つ。また他のジェスタンが契約している生産者や自分自身の樽をもそのカーヴで熟成している。

そして、シャトー・ダヴィズは優れたメゾンであると同時に、シャンパーニュにおける、ビオディナミの拠点、あるいはラーニング・センターとなることを目指し設立され、現に今、そのように機能しはじめている。

また余談だが、シャトー・ダヴィズは現体制以前はLVMHグループが所有していた。

所有するグラン・クリュ(アヴィズ)にメゾンがあり、
その地所にカーヴも併設するという稀有な存在。

メゾンの目の前にあるグラン・クリュ・アヴィズに2.5ha・シャルドネの畑を所有。その他、ピノ系のブドウ品種を中心にジェスタン氏が信頼を置いているオーガニックブドウ栽培家がシャンパーニュ各エリアの畑を管理している。このメゾン設立の最大の目的は、

「素晴らしいシャンパーニュを世に問いたい」

ということ。選りすぐりのブドウとスタッフによるシャンパン作りを行っている。

以下は、エルヴェ・ジェスタンにシャトー・ダヴィズの優位性についてインタビューした内容である。

質問:
シャトー・ダヴィズの購入をオーナーであるボリス・ティトフに勧めた理由は何か?またシャンパーニュの他の畑と違って何がよかったのか?

エルヴェ・ジェスタン:
自分が長年コンサルタントをしてきたティトフにもビオディナミのシャンパーニュをつくるという強い想いがあった。したがって、まずは、畑がシャトーの周りにまとまってあるという環境はビオディナミへの転換には最適だった。彼にこのシャトーを見せたら、いっぺんで気に入ったようだった。私が畑を見たときには、「まっさらでエネルギーを感じられる場所」と「何もない場所」とふたつあるが、ここは後者で、自分のエネルギーを伝えることができると思ったのだ。

同時にすべての建物やカーヴの状況が悪くないコンディションで保たれていて、かつ一か所にあるから、将来的にはブドウの運搬や醸造がしやすいことも魅力だった。

また、シャトーの名を冠するグラン・クリュはシャンパーニュでも数少ない。アヴィズという畑が優れたブラン・ド・ブランを造れる畑であることは、周知の事実だ。こういった特別な場所で、ビオディナミのシャンパーニュを造り、人々にビオディナミのワインのエネルギーを伝えていくことは非常に意味があると思った。

フォリアージュ・キュヴェ・エクストラ・ブリュット
Foliage Cuvee Extra Brut

コート・デ・ブランの生産者が造る驚きのベーシックキュヴェ
フォリーアジュのベーシックキュヴェ。 プレスは伝統的な垂直式プレス。発酵は自然酵母にてスレンレスタンクと樽で行われ、MLFは樽で行われます。 8カ月間澱と接触させて熟成し、瓶詰め後30カ月間の熟成。デゴルジュマンは2013年の終わり。ドザージュ:1リットルあたり5g。柑橘系の爽やかな香りと細かくも存在感のある泡。心地の良い余韻。軽快ながらも飲み手を魅了する奥行きのある辛口。

商品番号 103453
生産者ページ レ・シャンパーニュ・デュ・シャトー・ダヴィズ
ヴィンテージ NV
容量 750ml
種類 スパークリング
タイプ 辛口
フランス
産地 シャンパーニュ
原産地呼称 AOCシャンパーニュ
アルコール度数 12.00度
JANコード 3760214260092
希望小売価格 8,900円(税抜)
カタログページ 29ページ(最新号のページです)
品種 シャルドネ40%、ピノ・ノワール30%、ムニエ30%
テイスティングコメント
柑橘系の爽やかな香りと細かくも存在感のある泡。心地の良い余韻。軽快ながらも飲み手を魅了する奥行きのある辛口。

フォリアージュ・グラン・クリュ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット
Foliage Grand Cru Blanc de Blancs Brut

グラン・クリュ、アヴィズのブラン・ド・ブラン、ビオディナミシャンパーニュ
伝統的な垂直式圧搾機にて圧搾。そのまま置いて自然に清澄。自然酵母による樽とステンレス発酵。澱の上で9カ月寝かせ、36ヵ月熟成。グランクリュ、アヴィズのシャルドネ100%のブラン・ド・ブランです。

商品番号 103556
生産者ページ レ・シャンパーニュ・デュ・シャトー・ダヴィズ
ヴィンテージ 2011
容量 750ml
種類 スパークリング
タイプ 辛口
フランス
産地 シャンパーニュ
原産地呼称 AOCシャンパーニュ
アルコール度数 12.00度
JANコード 3760214260092
希望小売価格 9,240円(税抜)
カタログページ 29ページ(最新号のページです)
品種 シャルドネ100%
テイスティングコメント
フレッシュなミネラル感、アヴィズのシャルドネ特有の洋梨の味わい。綺麗な酸がワイン全体の輪郭を浮き上がらせてくれる辛口。

シャトー・ダヴィズ